CSR

環境方針

基本理念

丸紅メイト株式会社は、丸紅グループ企業の一員として、丸紅グループの環境方針を受け入れ、環境との調和を経営の重要課題として掲げ、ユニフォームのレンタルから販売までを取り扱う事業活動を通じて、美しい地球環境の保全とその継続的向上に努めます。

UKAS

基本方針

  1. 環境目的・目標・プログラムを設定し、活動、見直しを行い、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進します。
  2. 環境に関する法規制及び当社が同意したその他の要求事項を遵守します。
  3. 地球環境に対する負荷の低減を図り、汚染の予防に努めます。
    • 環境配慮型のシステム提案を行うことにより無駄の排除を推進します。
    • レンタルユニフォームで発生する廃棄物の削減とレンタルユニフォームの拡販を図ると ともにリサイクルを推進します。
  4. この方針は全ての役員・社員に対して通知すると共に一般に公表します。
eco
リサイクル

異業種とのコラボレーションで、
廃ユニフォームを循環サイクルへ

増え続ける廃ユニフォームの処理をどうするのか。
解決が急がれるこの問題に、丸紅メイトは新しい方法を提唱しています。注目したのはユニフォームを構成する素材。たとえば、ポリエステルを鉄鋼業界で必要不可欠な還元剤へと再生、新たな原料として活用しています。
また、石油・石炭の代替燃料として、高効率なリサイクル発電にも利用されています。
私たち丸紅メイトが、その豊かなポテンシャルを生かした異業界との新たなコラボレーション。
ユニフォームを循環型社会のダイナミックなサイクルにのせるのも、私たちの仕事です。

丸紅メイトと異業種とのコラボレーション
広域認定制度
広域認定制度

広域認定制度とは

環境大臣の認定を受けた製造事業者等が法令に則り、廃棄物となった製品を広域的に処理を行うことによって、より適正な処理(リサイクル)が確保されることを目的とした、「廃棄物処理業」に関する特例制度。
都道府県ならびに政令指定都市ごとの許可の必要はなく、環境大臣認定制度。

広域認定活用のお客様のメリット

  1. 通常の産廃処理の際に使用する管理表(マニフェスト)は指定されず、様式は自由。
  2. 処理に対する「リサイクル」活動の意識付け/責任の意識共有が容易。
  3. 製品に関わる情報セキュリティ・流出防止の向上。
概念図
ページトップページトップ
ページトップ